読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はあったかい

ニッキ
  昨日の記事を読み返して思い出したことがある。私は中学生の頃から、私立に通っていた。いわゆる中学でお受験を済ませていた勢である。公立にそのまま進学したわけではなかったので、家が近い人の方が少なかったように思う。なので、大抵の人は電車で通学をしていて、一握りが徒歩かバスで、選ばれし者だけが自転車通学だった。
随分と遠いところから来ていた学生もいるようで、そういう子は学生寮に住んでいた。私が高校生になった時、仲良くなった子は寮生の子で「おお!寮住みの子だ!すげー!」って気持ちで色々聞いていた。寮に住んでると言っているのに、なぜか家がどの辺りにあるのかを聞いたことがない。こういったコミュニュケーションにおけるジャブがうてないのは、現23歳になってもコミュ障たる所以だと思う。私もう23歳なのか………
  なぜか、家がどの辺りにあるのかを聞かないまま、家から学校に来ようとしたら何時間くらいかかるのか、を聞いたことがある。なんでやねん。もしかすると、住所を聞いてもどうせどこにあるか分からないと高を括っていたからかもしれない。小学校の頃の都道府県テストは最高11点だったからな。もちろん47点満点であり、付け加えると再々々テストでの結果である。先生の諦めきった顔と夕暮れの教室を、私は一生忘れることはないだろう。
  話を戻して。「家から学校までどれくらい時間がかかるのか」を聞かれた友達は、うーんと少し考えて「多分、2時間くらいやと思う」と、答えてくれた。2時間!以外と拍子抜けだなーと思っていた、私も片道2時間だからな、気が狂いそうになるぞ。「えっ、意外と……っていったらアレやけど、近いんやなあ」と返すと、「そうやねんなあ、通学時間的には通えんこともないんやけど、通おうと思うと、毎日フェリーになってまうからなあ」

(° ω° )

°  °  (  ω  )!?

フェリー!?!?

…………と、言うことを思い出したのだった。それを思い出して、なんとなく今日調べてみると、フェリー通学って本当にあるらしい。この歳までちょっと冗談かと思ってた、ほんとごめん。フェリーに乗ったことがあったり、縁がある人だったり、調べてみたことがある人だとよくわかると思うけど、フェリーには車が載る。トラックとかも載る。そういう風に学生と自転車を乗せて、港に着いたら学生の皆さんは自転車で学校まで出発ってことも可能らしい。なにそれ電車より便利そう。ただ、やっぱり船なので、少しでも波が荒れると出航できなくなってしまい、休校になったり、学校を早退しないといけなかったりするみたいだ。めっちゃいいやん(本心)  冗談はさておき、まあ毎日見れば飽きるのかもしれないけど、海や山の景色をみて通学、なんて雰囲気がありますなあ。夏服の彼女、潮風にたなびく背伸びした丈のスカート、ふんわり香るシャンプーの匂い……
  創作勢のみなさん、今年の夏はフェリー通学で一本、どうでしょうか。

  今日1人ですごい笑ってたこと。仕事で、可愛い学生の方とお綺麗なお母さんの2人連れに話しかけられた。「ちょっと聞きたいことがあるんですけど………」って学生さんが申し訳なさそうにしていたので聞いてみたら、iPhoneの魂みたいなやつって、どうやって出すんですかね……」って言われた。iPhoneの魂みたいなやつ!?iPhone突然の死。

よくよく聞いてみると、コレ
f:id:catek0w0:20160317222523j:image

のコレ
f:id:catek0w0:20160317222532j:image

だった。言われてみれば確かに魂っぽいかもしれない。正式名称は「assistivetouch」という。画面タッチなどが難しい方用に作られたもので、siriが開けたり、ホームにすぐ戻れたりする。私の所感では、スクリーンショットがボタン同時押ししなくても撮れるようになるので、結構使ってる人も多い気がする。でも「魂」って呼び方はいいな……これから魂って呼ぼう。